Your Place is here.





中野賢太写真展"Your Place"無事に最終日を向かえ、撤収が終わりました。

たくさんの方に来ていただいて本当に嬉しいです。

生活の時間を削ってご来場していただいた皆さん。
いつも撮らせてくれる友達。
FAITHの杉浦さん。
最高のパーティーを作ってくれたDJの皆さん。
告知やコメントをしてくれた皆さん。
遠方だったり、予定が合わなかったりしたけど色々気にかけてくれた皆さん。
この写真展をきっかけに出会えた皆さん。

私が、在廊していないときにお会いできなかった方もいらっしゃいますので
この場でご挨拶させていただきます。

本当にありがとうございました。

最初は、どう転ぶかわからなかったこの写真展も、私が写真に残した余白に
意味を見出して持ち帰ってくれたり、考えてくれたりして日に日にギャラリー内の景色が変わって行きました。

色々、SNSを通してコメントをいただけたりして景色が変わったことも多いとは思いますが
遊びに来て頂いた皆さんが何かを持ち込んでくれたのだと思います。

Your Place.

難しいですね。

今でも居場所とか、そういう言葉を聞くと懐疑的になります。
だって私は、写真を撮ることで私は居場所を失ったのですし。

どんな集団の中に居てもあくまで、「個」である。というのは
私の人生において一貫したテーマです。

その「個」であるという、生き方をしてる、それを選んでいる、選ばされている
友達を撮っていくと、傍観者として点が線になるのです。

居場所ってなんだろう。

最終日に大阪で大きな地震がありました。
私は、ツイッター上で東京に住まれていて出身が関西だったり、東日本大震災を経験され
心細くされてる方がいらっしゃったらFAITHにお立ち寄りくださいとツイートしました。
それは、私が東日本大震災のときに心細く思って体を起こし無理にライブに行って、
みんなで募金したりレトルト食品集めたり、いつもみたいにバカは話をしたり。
そういった経験があったからでした。

続けて

ただ群れて居場所を誇示する事は、Your Placeではないです。
つらいときに集まったり話したり出来るのがYour Placeだと思います。

とツイートしてました。

写真展のタイトルを謳うとしたら、この事をずっと言いたかったのかも知れません。


愛するハードコア・パンクやアンダーグラウンドカルチャーが 非日常として表現され
消費されている。 それがここ数年間の間にずっと感じていた疑問でした。 


ギャラリー内に掲示したステートメントの冒頭の分です。
これは、フライヤーの裏面に書いたものの消してしまった文です。

3年ほど前に京都から東京に引っ越してから、始めた生活はこれに近づくためだったのかも知れません。
京都に住んでる頃は、いわゆるライブに行くときは家事などを済ませて着替えて
バイクにまたがり30分。生活を中断した上に存在するものでした。
実質的な距離感のことを言ってるのかも知れませんが、あまりにも生活からかけ離れた世界に所謂、
"非日常"に自らを置き、疑問を感じながらも笑って過ごす。
その事を誰かに打ち明けても共感されることも少なく、ただ消費しているだけだったと思います。
私にとってハードコア・パンクやアンダーグラウンドカルチャーは息抜きでもストレス解消ではなかったようです。
LOWERの京都でのツアーアテンドを手伝ったときに私の考えが決定的になったと思います。
LOWERと同行してた、一度も会ったこともないCHIROちゃんに連絡をとったことを覚えています。

かつて私がリリースしたZINEは、ステレオタイプなハードコア・パンクイメージを想起するデザインや内容であり、
いい作品ではありますがもう同じものは作れないと思っていました。
ですが、私はハードコア・パンクの写真を撮ることが何よりも好きだったのです。

ステージ上がった瞬間の写真に説得力や深みを持たせるために、その前後をたとえカメラを向けなくても見ていたり
耳に入れたりするようにし、家にそのフィルムを持ち帰ったあともストーリーを継続させる事を意識しました。

なんとかして日常と非日常の境を無くそうとしたのです。

私は、ハードコア・パンクも生活も仕事も全て一緒だと思っています。
最高の瞬間に出会うために、自分のストーリーを歩きながら登場人物ののストーリーも追うのです。
そのうちに、友達のとの別れや孤独、プロテスト、新しい出会いや生活、未来への話などをWALL OF PHOTOGRAPH、
すべて貼り出し境界線を無くして展示いたしました。

この10日間、お付き合いしていただきましてありがとうございました。
少しずつ、Your Placeの本を卸していってるところです。

松ケン君、ありがとうございました。
松ケン君、キミちゃんのために写真展をやったような気がします。
また遊びましょうね。

中野賢太



















KENTA NAKANO PHOTO EXHIBITION "Your Place"




中野賢太 写真展

Your Place

会期 2018年6月8日(金)〜6月18日(月) ※6月13日(水)は休廊
OPEN 15:00~24:00

[OPENING RECEPTION PARTY]
6月8日(金) 19:00〜

[CLOSING PARTY]
6月17日(日) 15:00〜
DJ:
BxBxT
CHIRO
DJ HOLIDAY (STRUGGLE FOR PRIDE)


〈開催場所〉
FAITH
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-2-10 伊澤ビル1F&B1F
問い合わせ:03-5913-8279
http://faith2016.com/


_______
S T A T E M E N T

_______


私がシャッターに指をかけているときは、酷く高揚してるか冷徹になってるかのどちらかで
家に持ち帰り開封した時には全ての境界は失われ、全ては遅れて過去になる。
当たり前だけど、箱は家と場所を往復する。
最高の瞬間や、怒りや哀しみなどをすべて過去として記録して行った結果
箱の中と外の世界が混濁し、私は完全に”居場所”を失った。
換言すれば私は自ら”居場所”を放棄した。

自分が居場所を記録した事で、そこが消えてしまう事を知っている。
だから自分がその居場所に居たときの美の瞬間を箱に収めておこう。
そう思わないと身近な友達だって大事にできない。

私が切り取って開けたスペースには展示に遊びに来てくれた人が埋めてくれればいい。
自分のパーソナルな未来のためにその箱を解放する。

kenta nakano





週末の夜なんかに乾杯や握手の後に始まる会話ってあるでしょ、遊びに行ったライブやパーティに
最近はプロテストの話もあったりとか、下らない笑い話の中に別の友達の近況が混じってたり、そういう気取らない雰囲気と笑顔がある最高の会話。
中野君の写真もそんな会話みたいに彼が体験してきた色々な瞬間を教えてくれるんだよね。
その瞬間の体感や感情まで収まっていて撮る側も撮られる側も両方表現されてる、そんな写真の独自の”語り口”で。
だから、きっとこの写真展は鑑賞っていうより会話みたいな感じになるんじゃないかな、気取らない雰囲気でさ。
それって絶対最高だから、その後の週末にはきっとみんなこの写真展の話をしてるんじゃないかな。

ikm (Riverside Reading Club)





中野賢太
京都市生まれ。東京在住。
2007年よりHARDCORE PUNKの写真を撮り始める。
大阪、東京での写真展、LESS THAN TV主催の展示への参加などを行う。
PHOTOZINEを数冊リリース、レコードジャケットや音楽雑誌などを多数撮影。
2017年よりフリーランスフォトグラファーとして活動中。
http://nofriendsno.blogspot.jp/
https://www.instagram.com/_kentanakano/

"material flower" photozine







"material flower" photozine 




9月のあの夜をまとめたphoto zineをreleaseいたしました。


自分にとって写真は、ストーリーがないと気分が乗らなくて

あの"夜"が明けるときにこれをphoto zineにしなきゃ って思いました

単に思い出をまとめたパーソナルなzineかも知れません

家のドアを開けて電車に乗り、夜が明けてホームで始発を待つまでのごくごく個人的な

遊んでる友達の笑顔が最高だし、友達がこれを手にした瞬間の笑顔も最高でした

こちらからでもご購入いただけます。価格は1000円。定形外で送れそうなので+140円。
もちろん手渡しやトレードもOKです📖🚲詳しくはメールや、どこかでお声がけください◎

webStoreで扱ってくれたw&iのレビューも載せておきます



中野君の写真は記録というより記憶に近くて、それは思い出って言っても良いと思うんだけど、
彼自身が楽しんだ”あの日”を写真というアウトプットで僕らにも伝えてくれる。
hard core punkのshowや音楽が流れる場所には「参戦」するんじゃなくて「遊び」に行くっていうのがやっぱりしっくりくる。
音楽が中心にあるかもしれないけど、そこに集まる人達が作るculture、会話、笑顔も最高だから。
外から眺めるとそこは少し閉じた印象があるかもしれないけど、
このzineのページを捲っていけばその場所は自由だってことが分かるし、きっと遊びに行きたくなるんじゃないかな。




¥1,000


送料 ¥140

kenta.photo.noassociation[at]gmail.com

上記までご連絡お待ちしております。